将来のために、今を犠牲にしたけれど、結局幸せになれなかった・・・

不幸 悲しい 女性 がっかり 憂鬱
 

あやのは、子供の頃から優等生でした。

小学生の頃は、宿題を忘れたことはなかったし、先生に怒られたこともほとんどありません。
中学生、高校生はテスト勉強に追われ、受験も必死で頑張りました。
 

この勉強に意味があるのか、なんて考える暇もなく・・・。

 
今、辛くても頑張れば将来楽になる。 恋愛なんて後回しにしろ!という学校でしたね。
 

いい大学に入れば、いい会社に就職できる。 いい会社に勤めれば、将来幸せになれると信じてました。

 

高校生 教室 勉強 受験

 

大学に入学し、あっという間に就職活動

大学生の間も、「将来のため」という言葉に縛り付けられてましたね。

就職に有利になる資格。将来に役に立つアルバイト・・・。

やりたい仕事なんて、分からなかったけれど、周りの波に流されて就職活動をすることになり・・・。
 
 
 

 就職活動しない なんて選択肢はなかったです。

そんな勇気もなく、なんとなく就職活動。

安定した企業に勤めれば、幸せになれると信じてました。

 

成功 success  就職 幸せになりたい

 
 

自分なりに頑張って、ある企業に就職したけれど、働いてみて1年で絶望

なんの楽しさも見出せませんでした。

 
それでも、何か別の道があるはず!
自分が幸せになれる仕事があるはず!
 
そんな希望を捨てきれずに色んな仕事に挑戦しました。
 
でも、30歳になった時、結局のところは、低収入の派遣社員。
 
あれ、なんだかおかしくない?
 
今まで頑張ってきたのに、何がいけなかったんだろう?
 
落ち込みました。
 
幸せになれると信じて、真面目に勉強して、嫌なこともこなしてきたのに。

結局のところは、こんな人生か。と思って。

 
将来の幸せを信じて、今まで頑張ってきたのは、いったい何だったんだろう?
 

絶望 がっかり 死にたい 鬱

 

でも、そこで諦めたままではいられません!

 
そこから、これからの生き方を考えることになりました。
 

ブログに書いているのも、私が毎日おかしいな、と感じていることです。

 
今の社会に生きていても、先の希望が見えない、という人に、人生を考える1つのきっかけになってくれれば 😯 
 
 
 
日本のワーキングプア問題に続く
 

 

関連記事

ページ上部へ戻る