貧乏人だから物を捨てられないんだよっ(怒)・・・という話

貧乏人あやのは、何年も慎ましい生活を送っていました。

貧乏人の部屋=何もない部屋をイメージするかもしれないけど、
私の部屋は物で溢れてましたね。

洋服やガラクタが混ざって、ゴチャゴチャ雑然としてました。

断捨離 とか 物を持たない暮らし ミニマリスト とか憧れるけど。
現実は、そんなにスッキリした暮らしとは程遠い。

 

なぜか? それは、物を捨てるのが怖いから。

貧乏だから、今これを捨てちゃう勇気がないのです。

  • 今、これを捨ててしまったら、お金がないからもう2度と買えないかも。
  • いつか必要になったら後悔しそう。

だから、邪魔だけど捨てられない。

こんな思考にハマっていました。

だから、着ない洋服とか古いバッグ。
収納家具とか、あまり意味のないガラクタ。

そんなたくさんのイラナイ物たちと一緒に暮らしてました。

躊躇なく物を捨てられる人、スッキリした暮らしができる人って、
お金に余裕がある人なんじゃないかなあ〜。

キレイな部屋 ミニマリスト

貧乏人には怖くてマネできませんわ!

関連記事

ページ上部へ戻る